ホルモン剤を使用した治療法というものはさまざまありますし、実際の医療現場でも多く取り入れられています。症状・疾患についても幅広いのですが、その中の1つとして「不妊症」にたいするホルモン剤治療というものがあるのです。こちらにおいては、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は不妊症のホルモン治療について考えていきましょう。

■ホルモン治療の役割について
不妊症を改善するために取り入れられているホルモン治療ですが、その役割としては簡単に言えば「ホルモン剤を使用し体内のバランスを調整し、妊娠しやすい体内環境を作る」というところにあるでしょう。不妊の原因は一概にはいえませんが、ホルモン分泌の異常が深くかかわっているケースが多いのです。

また、不妊症というと「女性側に問題があるのでは」というイメージがありますが、それは誤認といってよいでしょう。男女問わずに起こる症状なのです。

■ホルモン剤の効果とは
不妊症におけるホルモン剤の効果ですが、現代の医療においては欠かせないものといっても過言ではないでしょう。即効性なども高いといわれているのも要因の1つとなっています。ただし、作用が強い分、体内にさまざまな副作用を引き起こしてしまうということもあるのです。

稀ではありますが、時には重大な症状が出てしまうという副作用症状もあるので、医師とともに安心できる治療を検討していく必要があるでしょう。

不妊治療におけるホルモン剤の役割と効果・種類について

■ホルモン剤の種類とその作用
具体的な種類とその作用は以下のとおりになっています。

「クロミフェン性差製・シクロフェニル製剤」
効果としては、排卵を誘発したり複数の卵をそだてるという効果が期待できます。副作用においては、めまいや頭痛・吐き気など妊娠初期と同じような症状がみらけることがあるでしょう。また、場合によっては卵巣過剰刺激症候群などの可能性もあります。

「hMG製剤・FSH製剤」
効果としては排卵の誘発や複数の卵を育てるという効果が期待できます。副作用においては、発熱や関節痛などの可能性があるでしょう。

「hCG製剤」
効果としては、排卵を促したり着床率の可能性を高めるという事が期待できます。副作用としては、発疹やめまい、頭痛や不眠などという事が考えられます。また、卵巣過剰刺激症候群などの可能性あるでしょう。

「黄体ホルモン製剤」
効果としては、着床率の可能性を高めたり妊娠の維持をしやすい環境が期待できます。副作用としては、頭痛や吐き気、食欲不振や乳房の腫れなどがあるでしょう。また、稀ではありますが静脈の中に血栓が出来る場合もあるでしょう。

「GnRH製剤」
効果としては、ホルモン分泌の促進やホルモン分泌の抑制が期待できます。副作用にとしては、ほてるやのぼせ、うつ、不正出血などの可能性もあるでしょう。

「ダナゾール製剤」
効果としては、ホルモン分泌の抑制が期待できるでしょう。副作用としては、にきびや体重増加、のぼせ、または毛深くなったり声が低くなるなどという事もあるでしょう。稀な部分としては、静脈の中に血栓が出来たり、肝機能の低下なども考えられます。

■適正な治療で副作用は抑えられる
不妊症の治療を進めていく上において、信頼できる医療機関・医師の指示に基づき進めていくことによって、先のような副作用についても最小限に抑えた形で妊娠しやすい体内環境を目指していただけることでしょう。十分に相談し、またパートナーの強力を仰ぎながら行っていきましょう。