プラノバール、というホルモン剤はそれぞれ色んな症状に効果がある物ではありますが、それぞれ目的や症状に対して使うという場合は服用の仕方も変わって来るんですね。主に、どんな風に違うのかということについてを解説していきましょう。

■不妊治療に使う場合
プラノバールを、不妊治療のために服用する場合は主に月経の異常や卵巣機能不全と言った不妊の原因への治療として使われる事が主となっています。その他、体外受精などを控えている女性の子宮環境の状態を最善にするためにも使われるんですね。

なので、飲み始めは勿論なのですがプラノバールの飲み終わりの時期なども細かく指導サれます。

■生理日のコントロールの場合
旅行、特に温泉やプールと言った生理が始まってしますと困る場合の調整に処方されることもあります。此方は、基本的には服用し続けていれば排卵が止まるようになっていますので、旅行が終わるまで服用し続けるだけでいいので特に細かい指導はありません。

ただ、飲み忘れの注意があると言ったところですね。

■卵子の温存の場合
妊娠の予定はないけど、卵子の老化によっていざ妊娠したいという時に妊娠できなくなってしまうのが困るという人が卵子の温存をするために服用する場合もあります。此方も、服用をする事で排卵が止まりますので卵子が老化せずに温存していくということができるわけですね。

■まとめ
プラノバールは、いつ飲み始めるのかいつ飲み終わるのか、どのくらいの期間飲み続けるのかという事は症状と効果によって大きく変わります。なので、必ず医師の指導の下使わないと正しく効果を得る事が出来ないんですね。プラノバールの服用に自己判断は禁物だ、ということです。