不妊症治療の代表的なものといえばやはり「ホルモン剤」を使った治療法といえるでしょう。個々によって不妊の原因や症状といったものは異なってきますので、ホルモン剤もそれにあわせて選択をするのです。今回はGnRH剤について考えていきましょう。

■GnRH剤とは
LHサージ抑制剤ともいわれています。効果としては、排卵を抑制することが期待できるのです。治療で取り入れる際には、排卵誘発剤として使われることが多いという特徴もあります。

■使用のスタンスについて
体外受精や顕微授精の際に、排卵誘発剤で成熟した卵胞が採卵前の排卵を防ぐという意味合いで使われます。GnRH剤はあまり認知度も高くないものでもありますが、医療現場においては認知度が高いものともいえるのです。

■副作用について
不正出血・骨粗しょう症・肩こり・ほてりなどがその代表的なものといえるでしょう。これら副作用については、強く感じる場合には医師に相談をし治療スタンスを見直すことも可能となっていますので我慢をしないようにしましょう。また、適切な治療を受けることによって副作用そのものの負担を軽くすることもまた可能となっているのです。

■導入方法について
経口投与ではなく、注射剤や点鼻薬として取り入れることが多いようです。即効性も高く効果も比較的に強いということがいえるでしょう。

■GnRH剤の存在
馴染みがあまり無いという方も多いGnRH剤ですが、不妊症治療を進めていく上において把握しておくと理解度も深まるかとも思いますので頭に入れておくとよいでしょう。また、これらについて医師から直接的に説明をうけることももちろん可能となっておりますので気になる方は説明をうけてください。