不妊症治療においてはホルモン剤を投与することで妊娠可能な環境をつくるという方法があります。ホルモン剤といってもさまざまなものがあるのですが、今回は「排卵誘発剤」について彫り下げてみてみましょう。どのようなポイントがあるのでしょうか。

■排卵誘発剤とは
排卵を促したり、質のよい卵子を複数そだてるという目的で使用されるホルモン剤です。不妊治療においては、あらゆる段階で使用されるケースも多いでしょう。

■内服薬として
内服薬の排卵誘発剤は、脳に直接的な働きかけを行い卵胞を育てるという効果が期待できるでしょう。このことから、その作用は穏やかであるといわれています。

■注射として
注射の場合には卵巣に直接働きかけを行い、即効性とその効果は高いともいわれているのです。

■副作用について
上記でお分かりかとも思いますが、内服薬は注射と比較をすると作用が穏やかであることから、副作用についても少なめであるといわれています。副作用としては、数パーセントではありますが、多胎妊娠なども考えられます。頭痛・吐き気などといった妊娠初期の症状と似たような副作用を感じることもあるでしょう。

また、OHCCなどの危険性も考えられます。

■医師と相談をすること
これら副作用についてですが、医師がその時々の症状にあわせて適切な治療を進めてくれるかと思いますので、それらを抑えながらよい状態へと導くことも可能となっているのです。

■排卵誘発剤の効果をしること
名前に対する認知度は高いのですが、その作用についてはご存じない方もいらっしゃることでしょう。これから不妊治療に挑みたいもしくはすでに改善を目指し治療をしているという方は、その知識を新たに持ってみてはいかがでしょうか。